参加する

貧困や医師不足により医療を受けられないミャンマー、カンボジア、ラオスの人を対象とした
ジャパンハートの医療ボランティア活動にご参加ください。

国際助産師研修

“国際的なあらゆる医療現場で活躍する助産師”を目指す研修
「医療の届かないところに医療を届ける」を軸にした、助産師のための海外研修です。

『この世界のどこかでなくなっている、救えるはずの小さな命をひとつでも救いたい』あなたが踏み出す一歩を応援します。

国際助産師研修 ジャパンハート

※11月23日・24日の面接以降、追加募集の可能性あり。

国際助産師研修 ポリシー

国際的な医療現場で活躍するためには、以下の能力開発を重視しています。

  • ①限られた医療現場での助産実践能力、思考力、判断力
  • ②人種を超えたコミュニケーション能力
  • ③レジリエンス能力

 

「十分な人材や医療物資がない環境で、目の前の課題にどう対応するか」
最善の医療を提供するために自分がどう考え、判断し、行動するか。
そしてその行動に責任を持つことを大切にしています。

国際助産師研修の3つのポイント

助産師海外研修

Point1

途上国での臨床医療を実践できる!

助産師海外研修

Point2

限られた医療現場で、助産師として必要な能力を学べる!

国際医療ボランティア看護師・助産師

Point3

チーム医療や異文化コミュニケーションを通し、人として自己成長するチャンスがある!


研修のコース

ジャパンハートの国際助産師研修では、基本の「離島半年+海外1年」のコースの他にも「離島半年+海外半年」「海外1年」のコースがあります。

長期看護師・助産師研修 コース 期間

研修内容

ジャパンハート 助産師海外研修 研修スケジュール

基本となるコースです。国内活動中に、海外での活動準備をしていただきます。そして海外研修1年間はじっくり現地で活動をすることで、最も学びが深められるおすすめのコースです。卒業後には、ジャパンハートの国際医療支援チームの一員として「アドバンスドナース」と呼ばれるメンバーになることができます。

長期ジャパンハート 助産師海外研修 研修スケジュール

しっかり国内で準備をして、海外は集中して短期で学びたい人向けのコースです。卒業後は、アドバンスドナースとして、国際医療チームに加わることはできません。

ジャパンハート 助産師海外研修 研修スケジュール

海外のみを短時間で学びたい方向けのコースです。このコースへの応募者は、国内活動での準備期間がないため、研修応募前に準備をしてくださる方のみを募集します。
卒業後は、アドバンスドナースとして、活動することが可能です。
・研修への応募前に、国際医療短期ボランティアへの参加必須
・中学レベルの英語力必須

国内(6カ月)長崎県離島

活動病院は、島民にとって唯一の医療機関であり、「ゆりかごから墓場まで」のあらゆる対象の患者さんを受け入れています。
また医療者数が限られており、医師や看護師・助産師、その他の医療従事者、事務の方々が一丸となり、患者さんにとって最善の医療を進めています。そこで培った離島の看護師・助産師の観察力、技術力、判断力はとても優れており、彼らから多くの学びを得ることができます。
離島の看護師・助産師自身も島民であり、生活の中に医療が存在していることを実感します。彼らの生活背景、家族背景を知っているからこそ生まれる看護を展開しています。

*本研修の国内活動は「離島医療看護師ネットワークサイト=RIKA job」を利用します。
RIKA jobとは:「社会貢献」をキーワードに、看護師・助産師として生きていくあなたの人生と離島・僻地医療の現場が共に豊かになる新しいライフスタイルの提案サイト URL:https://rikajob.net/

海外(1年、または6カ月) カンボジア

途上国では不安定なインフラ、限られた医療機器・人材の医療現場で、患者さんに直接触れる臨床医療を展開しています。また医療保険制度がないこと、交通網の未発達、限られた医療情報などから、貧困層や地方の村人にとっては「医療が遠い」現状です。

そのような環境下で、看護師・助産師として必要な情報を汲み取り、五感を使って観察し、アセスメントします。また医療者の数が限られており、目の前の患者さんにどう対応するか、自ら考え、判断する力を培っていきます。

また現地の医療者と協働し、患者さんにとってベストな医療をチームで展開していきます。母国語が通じない、さらに文化や習慣が異なる環境下では、自身の固定概念を手放したところから新たに見えることも多く、自分自身の在り方を見直し、自分の可能性を広げるきっかけになります。そして医療が遠い患者さんとの関わりを通して、医療の原点、幸せとは、豊かさとは、、、など医療者として、人として多くのことを学ぶチャンスがあります。

英語研修の一環として、各自でオンライン英会話を受講します。
A,Bコースは国内活動中、Cコースは応募までに「海外短期ボランティア」に参加し、海外活動地で医療活動に参加します。
国内、及び海外研修前に、数日間東京でオリエンテーション、事前研修を行います。

海外研修内容

活動場所 ジャパンハートこども医療センター
(カンボジア/カンダール州/ポンネルー)
期間 6カ月または1年
活動内容 ◎妊婦健診・母親学級
– 胎児超音波検査、保健指導の実施
◎分娩管理
– 正常分娩:ジャパンハートこども医療センターに隣接する現地病院(80-100件/月)
– 帝王切開・誘発分娩:ジャパンハートこども医療センター
◎手術室看護
◎産褥新生児ケア
◎田舎にある地元の病院での単独滞在
– 現場の状況に応じて滞在期間は変動。分娩件数50~100件/月程度。
◎その他、現場で必要とされる看護師・助産師業務・係活動

Step1ジャパンハートこども医療センターで研修開始
Step2現地提携病院滞在(数週間~数カ月)
*現地病院で研修可能と判断された研修生のみ
Step3ジャパンハートこども医療センターで研修再開

参加対象者

A,B,Cコース共通

Cコースのみ

※会員登録については、『会員登録フォーム』から会員登録して下さい

※会員制度についてはこちら

LINK

長期研修に参加中の研修生と、長期研修生が発信するブログのご紹介です。

国際医療支援チーム

研修修了後、希望者には国際医療支援チームの「アドバンスドナース」として活躍できるステージを設けています。

アドバンスドナース

アドバンスドナースは、長期研修の総評をもって団体基準に達した人から選抜されます。
ジャパンハート海外活動地にて、医療・保健活動などの実践、マネジメント業務、医療者育成指導のほか、災害医療支援などの活動を行います。ジャパンハート研修でのキャリアを生かし、いよいよ国際貢献するフィールドになります。

 

※海外研修1年コース修了者のみ選抜対象になります

参加までの流れ

国際助産師研修 応募から参加するまでの流れについてはこちらから。

詳しくみる

活動概要

ジャパンハートはアジア3カ国と、大規模災害の際に無償で医療支援をしています。