参加する

貧困や医師不足により医療を受けられないミャンマー、カンボジア、ラオスの人を対象とした
ジャパンハートの医療ボランティア活動にご参加ください。

助産師海外研修

“国際的なあらゆる医療現場で活躍する助産師”を目指す研修
「医療の届かないところに医療を届ける」を軸にした、助産師のための海外研修です。
研修期間は1年間、研修地はカンボジア。

『この世界のどこかでなくなっている、救えるはずの小さな命をひとつでも救いたい』あなたが踏み出す一歩を応援します。


国際助産師 カンボジア ジャパンハート

助産師研修 ポリシー

ジャパンハートの理念「医療の届かないところに医療を届ける」を軸に、
世界の医療現場で活躍できる助産師を育むことを目的としています。

 

あらゆる国際的な医療現場で活躍するために重要な要素は

  • ①国際的な医療現場での臨床判断・看護能力
  • ②人種を超えたコミュニケーション能力
  • ③それらを発揮するための意欲・忍耐力

とし、研修に参加した助産師がそれらを身に付けることを目標としています。

 

「十分な医療物資や人材のない環境で、目の前の問題にどう対応すべきか」
解決するための情報を自らで得て考え、判断し、行動できる、自立した医療者を育てることを目的としています。

 

この研修で与えられるのは、それらを学ぶことができるチャンスと環境です。
それをどう受け止め、行動するかはあなた次第です。

助産師海外研修の3つのポイント

助産師海外研修

Point1

実践を通して医療英語が学べる!

カンボジアの公用語はクメール語ですが、院内共通語は英語です。医療英語を使いながら学べます。
また、お互い母国語でないからこそ、理解しよう・伝えようとする人種を超えたコミュニケーション能力を伸ばす環境にあります。

助産師海外研修

Point2

限られた医療現場で、助産師としての自分の可能性を広げられる!

現地助産師と共に周産期チームの一員として活動します。薬剤の選択と投与・退院の判断・会陰切開や縫合、創傷処置、胎児超音波検査など・・・日本の一般的な助産師の枠を超え“自分にできること”の可能性を広げるチャンスがあります。

国際医療ボランティア看護師

Point3

現地の病院に滞在し、カンボジアのお産に関われる!

田舎にある地元の病院で一人きりで滞在しながら、現地助産師に混ざりいちスタッフとして勤務します。
カンボジアの田舎の病院にたった一人の日本人助産師として過ごす日々は衝撃の連続。リアルなカンボジアの周産期医療に飛び込んで見える世界は、あなたの助産師人生を変えるはずです。

参加対象者

※会員登録については、『会員登録フォーム』から会員登録して下さい

※会員制度についてはこちら

研修内容

活動場所 ジャパンハートこども医療センター
(カンボジア/カンダール州/ポンネルー)
期間 1年間
活動内容 ◎妊婦検診・母親学級
– 胎児超音波検査、保健指導の実施
◎分娩管理
– 正常分娩:ジャパンハートこども医療センターに隣接する現地病院(80-100件/月)
– 帝王切開・誘発分娩:ジャパンハートこども医療センター
◎産褥新生児ケア
◎田舎にある地元の病院での単独滞在
– 現場の状況に応じて滞在期間は変動。分娩件数50~100件/月程度。
◎その他、現場で必要とされる看護師業務・係活動

Step1:ジャパンハートこども医療センターで研修開始

Step2:現地提携病院滞在(数週間~数カ月)
*現地病院で研修可能と判断された研修生のみ

Step3:ジャパンハートこども医療センターで研修再開

活動概要

ジャパンハートはアジア3カ国と、大規模災害の際に無償で医療支援をしています。

国際医療ボランティアまでの流れ

参加までの流れ
応募から参加までの流れについてのご案内はこちら