参加する

貧困や医師不足により医療を受けられないミャンマー、カンボジア、ラオスの人を対象とした
ジャパンハートの医療ボランティア活動にご参加ください。

国際長期ボランティア医師


ジャパンハート 長期ボランティア医師

【 ジャパンハートでは長期ボランティア医師を募集しています。】

貧困や医師不足にあえぐ途上国。日本国内の僻地離島。病気と闘う子どもたちのこころ。
そして大規模災害にあった被災地。ジャパンハートは、医療が届かない場所で失われてゆく「いのち」を一つでも多くつなぎとめるため、医療活動を行ってきました。

2018年6月には、カンボジアにジャパンハートの病院を開院、規模が拡大している現在、貧困や医師不足により医療を受けられないミャンマー、カンボジア、ラオスの人を対象とした医療活動を支えてくれる、国際長期ボランティア医師を募集します。

「将来は国際協力の道に進みたい」
「ずっと興味があったけどなかなか踏み出せなくて」
という皆様も多いのではないでしょうか。

『医療人としての成長』とともに『人としての成長』ができるフィールドであり、今後の長いキャリアや人生を鑑みても大きなプラスの経験が得られる環境があります。
一歩踏み出し、国際医療の現場を支える仕事をしてみませんか。

募集要項

参加資格

*臨床初期研修終了者以上
*ジャパンハート国際医療短期ボランティア参加経験者
*ジャパンハート会員登録者
※専門科は不問です。

※長期ボランティアに参加するためには、ジャパンハートの短期ボランティアへの参加が必要です。まずはこちらからご確認ください。

▶短期 医師ボランティア参加方法はこちら

必要書類
募集期間 随時

費用について

▼以下は自己負担でお願いいたします

渡航費 日本〜活動地の往復
※原則、活動開始時と終了時
ビザ・ライセンス等申請費 $500
海外旅行
傷害保険
参加者ご自身のお手続きのもと、海外旅行傷害保険に加入してください。
活動中の事故や疾病、または、活動に起因する活動終了後の疾病などは、ご自身が加入している保険により保障するものとします。
滞在費 食費 US$75〜100/月
現地医療活動費 US$200/月(6カ月まで。7カ月以降はなし)

▼以下は団体で負担します

交通費 活動に関わる活動地間の移動費(団体の依頼時に限る)
活動に関わる 海外における国内移動費
活動に関わる 日本国内移動費

※自己都合において国内外を移動される際の交通費、ビザ代は自己負担です。

ボランティア活動内容

ジャパンハートが活動地としている途上国の村の病院で、外来診療・外科手術・病棟管理を行います。
小児科、内科から外科領域まであらゆる疾患を扱い、患者は子どもから大人まですべてを対象とします。

※活動地の希望はなるべく尊重しますが、希望と異なる活動地となることや、年度の途中で移動して活動していただくこともあります。

ボランティア終了後の進路

常駐医師のご紹介

カンボジア、ミャンマーなど各国で活躍している長期ボランティア医師をご紹介します。

ジャパンハート 長期医師ボランティア

カンボジア
神白 麻衣子

ジャパンハート理事 / ジャパンハート認定医 / Hospital Project Director / 総合内科・感染症内科

ジャパンハート 長期医師ボランティア

カンボジア
嘉数 真理子

ジャパンハートこども医療センター小児科部長 / 小児科・小児血液腫瘍科

ジャパンハート 長期医師ボランティア

ミャンマー
大江 将史

総合内科・麻酔科 / 長期ボランティアドクター

ジャパンハート 長期医師ボランティア

ミャンマー
森 徳郎

ワチェプロジェクトコディネイター / 長期ボランティアドクター / 総合内科・呼吸器内科

Japan heart STAFF 一覧はこちらから

参加者の声

長期ボランティア医師に参加した医師の声をお届けします。

ジャパンハート 長期ボランティア医師 参加者の声

必要な経験だと心から思ったなら『一歩を踏み出すこと』。そこからです。

進谷 憲亮

ジャパンハート 長期ボランティア医師 参加者の声

楽しい思い出しかない。優秀なスタッフとの出会いや学びはよい刺激になります。

岸 直子

ジャパンハート 長期ボランティア医師 参加者の声

医療が人を幸せにしている。その原点に触れられることが最大の楽しみ。

浅井 慎平

長期ボランティア医師
参加者の声 一覧はこちらから

参加までの流れ

国際長期ボランティア医師 応募から参加するまでの流れについてはこちらから。

詳しくみる

活動概要

ジャパンハートはアジア3カ国と、大規模災害の際に無償で医療支援をしています。